疲労感を軽減するとの口コミ!イミダペプチドの効果や副作用について

MENU

認知症予防になる!イミダペプチドの効果・効能

 

 

イミダペプチドの効果とは

 

イミダペプチドは口コミでも、その疲労回復の高さが注目されていますが、じつは認知症予防にも効果が期待できるということをご存知ですか。
高い疲労回復効果が見られるのは、イミダペプチドがたんぱく質の一種であり、アミノ酸結合体という成分を含んでいるためです。

 

渡り鳥が1万キロを休みなく飛び続けることが出来るのも、マグロやカツオが長時間泳ぎ続けることが出来るのも、すべてこのアミノ酸結合体の働きです。

 

では、なぜ認知症予防になるのかですが、そこには、疲労を回復させる効果が大きく影響しているのです。

 

 

なぜ認知症予防になるのか

イミダペプチドがなぜ認知症予防に作用するのかについてですが、それは抗酸化作用があるためです。
抗酸化作用とは活性酸素を除去する力ですが、活性酸素が体内で増加すると、疲労が蓄積するだけでなく、脳の老化にも大きく影響します。

 

しかし、活性酸素が除去されたことによって、細胞が修復されて疲労感が軽減されます。
それは、脳の老化を阻止することにも繋がります。

 

そもそも、細胞が一時的に傷つくのが疲労であり、細胞の傷が修復されずに傷跡が残るのが老化です。
つまり、イミダペプチドを摂取して活性酸素を除去することで、認知症予防になるということです。