疲労感を軽減するとの口コミ!イミダペプチドの効果や副作用について

MENU

イミダペプチドに含まれる成分って?

 

 

ペプチド類の発見は1900年

 

イミダペプチド飲料には、1本30mLあたりイミダペプチド成分が約200mg含まれます。
イミダペプチド成分とは、正式名をイミダゾールジペプチドと呼び、アミノ酸が結合したペプチドの総称です。

 

ペプチド類は1900年にカルノシンが牛肉から発見されたほか、1962年にはヒゲクジラの筋肉からバレニンが発見されるなど、人類が発見したのは比較的最近のことです。
鳥類の胸肉やカツオやマグロなどの魚肉に含まれるなど、動物類の骨格筋に見られる成分の一種で、体に良いとされることからイミダペプチドは口コミで徐々に広まり、現在注目が集まっています。

 

イミダペプチドの効能と安全面

 

イミダペプチドには、多くの効能があるとされています。

ヒトが摂取した場合、体内ではアミノ酸に分解された後、骨格筋でカルノシンとして再合成します。

 

イミダゾール基を含むペプチドは活性酸素を抑制するため、抗酸化作用により疲労感を軽減することが確認されています。
また、体内の尿酸量を調節する働きもあります。

 

体内の尿酸値は、メタボリックシンドロームなどで上昇し、痛風などの原因となります。
長期的な摂取や、量を必要以上に摂取した場合でも、特に大きな副作用が確認されていないことから、安全面についても実証されています。